raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

電車や新幹線で子どもが騒がない方法 ママタレントの簡単テク

time 2016/05/20

電車や新幹線で子どもが騒がない方法 ママタレントの簡単テク

旅行だけでなく帰省時にも乗ることの多い電車・新幹線。

数時間とはいえ、小さな子どもだから騒いでしまうかも…と
心配になります。

ママタレントである藤本美貴さんとくわばたりえさんによる
狭い乗り物の座席で、飽きさせないようにする工夫を紹介します。

sponsored link

藤本美貴さんの工夫

音の出ないおもちゃや絵本が大活躍

新幹線の乗るときは、周りの人たちに迷惑にならないように、
音のならないおもちゃを選んで持って行きます。

また、その日初めて見せるおもちゃがあると、
目新しさで飽きずに遊んでくれるので重宝します。

遠出にベビーカーは必須です!

ベビーカーを持って行けば
荷物置き場にできるし、
眠ってしまった子どものお昼寝にもベッド代わりに使えます。

疲れてきたかな?と思ったら無理させずに、
ベビーカーに乗せちゃいます。

あちこち動きまわる時期だからこそ、
交通や人通りの多いところではベビーカーに乗ってもらって
開けた場所で思い切り遊ばせるのが良さそうですね。

スポンサードリンク






くわばたりえさんの工夫

DVDやおもちゃを上手に活用してラクをしましょう!

人数分のおもちゃを持っていくのは重くて大変なので、
おもちゃはその場で作ることが多いかも。

塗り絵ブックなども荷物になるので、
チラシの裏をスケッチブックにしてお絵かきさせてます。

小さな子には即席のおもちゃを作ります

1歳の真ん中の子には、
空いたペットボトルに、短く切ったストローを何本か入れたものでも
立派な遊び道具になるんです。

マラカスのように振ったり、
ストローを出したり、またストローを戻し入れたりが楽しいみたい。

4歳のお兄ちゃんにはDVDを観せる

おにいちゃんにはイヤホンをつけてDVDを観せています。

レンタルショップに行って観たいものを自分で選ばせると、
集中して見てくれます。

タブレットとかDVDは観せないほうがいんじゃないか?って
悩むママもいるみたいだけど、
移動中は絶対これらに頼ったほうがいいと思いますよ。

移動中にご飯を食べさせる

乗ったらすぐにご飯タイム。
食事タイムだけで30分はもちます。

家から作っていくのは大変だから駅でパンやおにぎりを買って、
適度をラクにするのがおすすめ。

まとめ

新しいおもちゃを与えたり、ご飯タイムで時間稼ぎをして
何とか「時間を持たせる」ためにみんな努力しているんですね。

今までは遠出をするときは、公共機関でうるさくしないかどうか
心配で気が重かったのですが、

このテクを使えば
気持ちも楽に、安心して乗り物に乗せられますね。

sponsored link



sponsored link

このサイトについて