raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

早期眠育とは?生活リズムを整えて将来つまずかない子に!

time 2016/05/24

早期眠育とは?生活リズムを整えて将来つまずかない子に!

眠育(みんいく)とは、「睡眠教育」のこと。
正しい睡眠習慣で、子どもたちの成長を促すものです。
今回は「早期」…さらに小さな赤ちゃんのうちからの眠育についてです。
眠育のために生活を整える方法も紹介します。

sponsored link

早期眠育とは?

早期眠育とは、赤ちゃん〜就学前から
早寝早起きを心がけ、生活習慣を整えていくことです。

スムーズな就学を目指すために、
就学前に生活リズムを整える、ということですね。

生活習慣の乱れが不登校の原因に?

睡眠の乱れが、不登校の原因にもなることが
文部科学省の調査で少しずつ明らかになっているそうです。

保育園や幼稚園、小学校になって、いきなり早起きを始めると
睡眠不足になり、時差ボケのような不快な症状や
日中もボケーっとしてしまうなどで
やがては集団生活に適応できなくなる…

ちゃんと眠れない子どもが増えている、ということですが、
保護者であるパパママには耳が痛いですね…。

早期眠育では何時から寝て何時に起きるのがいい?

眠育では、毎朝7時に起きて夜9時ごろに寝るのが
子どもの理想の睡眠と言えるようなので、
赤ちゃんはもう少し早めの就寝が理想ですね。

赤ちゃんが早く寝てくれなくても無理しない

…とは言っても、
わかってるけど寝てくれないんじゃ!
という声が聞こえてきそうです。

赤ちゃん時代は、規則的な生活は難しいですよね。

このころはまだ、
生活が不規則でもあまり支障はありませんので
赤ちゃんに合わせたり、ママの調子を見て調整してOK。
できなかったからといって気落ちする必要はありません。

スポンサードリンク






子どもを早く寝かせる方法 生活習慣の整え方

●昼夜の区別をつけるため、照明の明暗にメリハリをつける。
●スマホ・パソコンなどの強い光でも、睡眠が整わなくなります。
特に、寝る前のスマホは注意!

体力がついてなかなか寝ない子ども

私の2歳半の子どもは体力がついてきて
眠る時間が遅くなってしまいます。

うちでやっていることは、
午前中に太陽の光をたっぷり浴びさせて、
たっぷり2時間ほど遊ばせることですかね。

そうすると昼寝も早いです。
昼寝も早めに切り上げます。
さらにお風呂を夕方に入れば、寝る支度を前倒しできます。

体力ゲージが昼寝で全回復しますので
早く寝ない日も多いですが、
試行錯誤をしながら根気よく続けたいと思います。

まとめ

大人の夜型生活に赤ちゃんを付き合わせるのはNG。
ママも一緒に早寝早起き!しましょう。

子どもが早く寝てくれたら、
グッと子育てが楽になりますね。

寝かしつけがラクになる絵本「おやすみ、ロジャー」の記事

sponsored link



sponsored link

このサイトについて