raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

産後の腰痛改善 エクササイズやマットレスなどでラク〜に

time 2017/01/27

産後の腰痛改善 エクササイズやマットレスなどでラク〜に

sponsored link

腰痛の原因と気をつけること

腰痛は国民病とも呼ばれています。
腰痛になってからその原因を思い返すと、『あの動きが……』『あの姿勢が……』と、案外簡単に思い当たる節があるはずです。ちょっと気をつけていれば防げたものを、一瞬の気の緩みから、長く続く腰痛に悩まされることになってしまうのです。

家庭で家事をこなす主婦も、蓄積型の腰痛になりやすいと言えます。

料理や掃除で前傾姿勢を継続してとることが多く、デスクワークと同じ原理の負荷が腰周辺にかかってしまいます。
家の中を動き回って掃除機をかけたり拭き掃除をしたり、洗濯をして干し、取り込んでたたみ、家族のために料理を作る。

一見動き回っているので座りっぱなしより楽なのではないかと思いがちですが、動きながらも腰にかかる負荷は常に継続しているので、デスクワークで座りっぱなしでいるよりも肉体疲労は大きくなるでしょう。力仕事をしているわけではないからと油断をしていると、最終的には腰痛として症状が表れますので注意が必要です。

1日5分寝転ぶだけで腰がスッキリ揉まれる指圧クッション

寝るだけで、背すじをストレッチしながら、腰・横腹・背中・骨盤周りの筋肉を気持ちよく刺激してくれます。
ストレッチ・押圧・指圧の3つの機能を兼ね備えた指圧クッションです。



朝の腰の痛みに!高反発マットレスのラクーネ

ダニを寄せ付けず、ホコリが少ない腰痛に効くマットレス。
軽量なので女性・子供も楽々持ち運べます。
すべて安心の日本製のうえ、保障・キャッシュバック・購入後サポート付き。


育児中に腰痛が悪化しやすい理由

産後も妊娠中からの腰痛が残る場合がありますし、育児などによる腰痛も起こります。出産時に骨盤の恥骨結合部が開き、大きな負荷をかけながら赤ちゃんが通るのですが、恥骨結合部に産後も障害が残る場合があります。また、出産時には、骨盤後方部分にある関節、仙腸関節にも大きな負担がかかります。とても強い靭帯で支えられていますが、出産によって関節が緩くなることにより、バランスが悪くなって腰痛を引き起こしてしまいます。

元々あった腰痛が、育児をしていく中で悪化する場合もあります。赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりする姿勢はとてもアンバランスです。腰で赤ちゃんを支えなければならず、腰痛ばかりではなく、肩こりや腰痛も招いてしまいます。

出産後、元の体に戻るまで6〜8週間かかると言われていますが、ただでさえ体力・筋力共に低下しているときでもありますので、無理をすると腰に負担がかかりますので、体が元に戻るまでは周囲の人の協力のもと、無理をしないで過ごさなければいけません。

産後エクササイズで腰痛を軽減しましょう

出産によって骨盤が歪んでしまったという言葉をよく耳にしますが、この仙腸関節や恥骨結合が緩みっぱなしになってしまうと筋肉なども緩んでしまい、腰痛につながります。骨盤を締め付ける専用のベルトもありますので、それらを利用して症状をやわらげることも必要でしょう。

出産後の体は、自分では自覚がなくても、思ったよりも負担がかかっています。特に骨盤に大きな負担がかかりますので、何もケアしないでいると、筋肉や靭帯、関節に変性をもたらす場合があります。
出産後には無理をしない程度に体をいたわり、骨盤に問題がある場合は、専門家の指示に従って専用ベルトを着用し、骨盤底の筋肉のエクササイズも行うといいでしょう。

驚くほど腰がラクになるお医者さんのコルセット

がっちりと腰周りをサポートし腰への負担を軽減してくれます。
女性や中高年の力の弱い方でもわずかな力で簡単に装着可能。
伸縮性、通気性もあり長時間着用できます。


sponsored link



sponsored link

このサイトについて