raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

うちの子は発達に問題がある?疑惑時期の体験談

time 2017/01/29

うちの子は発達に問題がある?疑惑時期の体験談

発達についての悩み

誰しも子どもが五体満足で生まれることを願うものだと思います。

しかし、無事に出産してからも、現在はネットや育児書で「○ヶ月で何ができる」というような子どもの発達の規準を計るような情報が蔓延しているので、
寝返り、歩行、言葉、オムツはずしなど、少しでも標準の遅れていると母親は悩んでしまいがちになります。

さらに自治体で乳幼児健診があります。
だいたい1歳半と、3歳に行われ、支援が必要な子どもを早期に見つけ、療育を始めることを目的にしていますが、
集団で行われるこの健診は子どもが一堂に集められ、出来を選別されるかのようなもので、発達が少し遅いと自覚のある母親にとっては気が重いものです。

息子の場合、1歳半健診で言葉の遅れでひっかかり、ひっかかったわりには月1回のちょっとした相談のみで他にフォローはなく、
ずっと様子見と言われて、もしかして障害があるのか、それとも大丈夫なのか?と疑心暗鬼の生殺しのような状態でした。
3歳になるまでずっと月1回の観察を行っていましたが、その間、ずっと「○○ができるようになった」「○○はまだできない」ということのばかり気がいってしまい、せっかくの3歳までの一番可愛い時期の育児を心から楽しめていませんでした。

結局観察は終わり、その後ゆっくりながらも順調に成長していますが、今でも、年齢相当に出来ること、出来ないことを考えてしまう名残は消えません。
もっと、ゆっくりな我が子を個性として尊重し、のびのびと子育てを楽しみたいな〜と思っています。

息子の言葉が遅く心配です

私には二人子供がいます。
第一子が娘、第二子が息子です。

娘の育児は初めてで不安もありましたし、
泣き虫で人見知りでママっ子な娘の育児が大変だと思ったことも何度もありますが、発達に関しては、順調で、不安を感じることはありませんでした。

しかし、第二子の息子は、とても言葉が遅いです。

「男の子はゆっくりよ」と、良く言われるのですが、ゆっくりの範囲を超えて遅いのです。

1歳半健診では、家族限定で聞き取れる程度の単語が2つで要観察となり、
2歳の時に、保健師さんから電話での様子確認がありましたが、
その時言葉は増えているものの、単語10個未満、
2語文なんて、到底無理で、いつになるかさっぱりわかりません。

娘が2歳の時は、2語文3語文を話し、あれよあれよと文章になったのですが、息子は全く違っていました。

その後、役所が行っている児童心理士さんによる発達検査を受けたところ、
言葉だけではなく、社会性や知力も半年遅れと言う結果になりました。

これが個人差なのか、何か問題があるのかは、今の段階では断言することができず、引き続き、経過観察となりました。

その時に勧められた、役所主催の発達に心配のある子供たちが集まる親子教室にも参加しました。

その後、2歳半を前に、2語文が出るようになりましたが、
最初の発達検査から半年後に行った発達検査では、
言葉は少し追いついてはきたものの、形の認識力が弱く、まだまだ経過観察が必要ということになりました。

息子は現在2歳9か月です。
息子なりに、2語から3語をつなげて、色々なことを訴えてきます。
二人目ということもあり、私もなるべく神経質にならないよう、心配し過ぎないよう気を付けていますが、
言葉が少ないだけではなく、滑舌がかなり悪いのも心配です。

感覚的には、2歳前後の幼児を育てているような感じで、
それが可愛くもあり、楽しくもあるのですが、
息子のことを考えると、もっと具体的に色々なことをするべきかと悩んでいます。

子供らしさのない息子

3歳になる息子は気が優しく、誰とでもわーっと遊べるタイプではありません。
幼稚園などの小さい間は、言葉や態度に出した子が勝ちということが多いため、とても心配しています。
初対面の大人や子供とはなかなか打ち解けることができず、一緒に遊ぶくらいなら1人で遊ぶことを選びます。

幼稚園にお迎えに行くと、たいていの子供がドア付近に集まるのに、うちの息子は呼ぶまでドア付近にはやってきません。
律儀に1人だけ先生の言いつけを守っているのです。

また、お友達が子供らしく意味のないことで楽しく遊んでいたり、ただ広場で円を描いて走っていたりしても、その行動が理解できないようで、決して交わろうとはしません。

私が遊んできたらいいのに、と話しても、何が楽しいのかわからないと3歳の息子がいうのです。話し始めるのも同じ歳の子の中でも群を抜いて早かったので、私もそれに合わせて、知育を行ってきました。

しかし、小学校などを受験させるためにやっているわけではなく、子供が楽しいかな、もしも能力があるのならその能力を伸ばしてやらないのは親としてどうなのかと思い知育を行っています。
そのためなのか、息子は、同い年の子とは話が通じないから楽しくないようです。仲の良い数人の子も、息子が遊びを相手してあげているような感じで、息子が心から楽しんでいるようには見えません。

子供らしさのない息子を否定するつもりはありませんが、楽しいこと、話す内容が通じるお友達がいないことが心配であり、かわいそうです。

3つ上の年長さんの子と会話が成り立つようですが、運動の面でまだ息子がついていけないようです。今の年齢だけの問題なのか、この先も少しつづ息子の精神年齢がずれるのか心配です。

片付けができない娘

小学1年生の娘が片付けが出来なくて悩んでいます。

3歳より小さい頃は成長にばかり気が向いていましたし、毎日あわただしくてつい片付けは私がやっていました。
やらせることもありましたがどうしても時間がかかるので「その時が来ればお片付けもできるようになる」とタカをくくっていました。

幼稚園に入り、年少さんは無事に過ごせました。その幼稚園の年少さんというのは「初めての集団生活なんだから幼稚園に来られるだけで二重丸」という空気があり、担任の先生からお片付けについて特に言われたことはありませんでした。

しかし、年中さんになってベテラン先生になった途端、状況が変わりました。
ベテラン先生によると、うちの娘はずば抜けてお片付けが出来ないそうなのです。家庭訪問でそれを言われて、私なりになんとかお片付けを頑張らせようといろいろ工夫しました。一緒にやってみたり、棚を工夫してみたり。叱るのが良くないのかもしれないと、常に褒めるようにしました。

しかし、娘には響きません。褒めると嬉しそうにはしますが「だから頑張ろう」とはならないようなのです。結局ベテラン先生には1年間色々言われ、親として私の精神に余裕がなくなり娘にきつく当たってしまうという悪循環になりました。

片付けが出来ないというのはADHDという発達障害の可能性が高いと本で読みました。次から次へと興味がうつってしまうので、今やるべきことに目が向かない。お片付けが出来ないのもそのひとつだというのです。今でも娘は本当はADHDなのではないかと思っています。

sponsored link



sponsored link

このサイトについて