raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

モロー反射で赤ちゃんが起きる…スワドルミーは救世主

time 2017/02/04

モロー反射で赤ちゃんが起きる…スワドルミーは救世主

sponsored link

寝ている途中にビクッとなるモロー反射で起きる

うちの長男はもう4歳になりましたが、
新生児のころはとにかく寝なかったんです。

私は赤ちゃんはずっと寝ているものと思っていたので、
もう心身ともに疲れていました。

モロー反射っていうのをご存知ですか?

寝ている途中でも音なんかに反応してピクン!と動くんですけど、
その音も扉の開閉の音なんかはもちろん、
DVDを読み込むときにサーっとすれる音でも、寝ていてピクン!となって
ワサワサと体を動き出し、起きてそして…泣く。

あの手この手でやっと寝かしつけて、最後にシーツをかけようとすると
そのシーツのすれる音にピクン!ワサワサワサワサ…ギャー!その繰り返しです。

寝かしつけるときも抱っこで寝たらベッドに置くのも一苦労。
もう国宝を扱う研究者ような感覚です。

少しでも音がすればピクン!だし、
置いた角度が悪ければそれで泣くし。
寝不足とストレスが私を蝕んでいきました。

楽しい育児ライフ?そんなの全くないない。
育児雑誌さんよもっとモロー反射特集を組んでおくれと心から思いました。

インターネットがあるこの世の中で良かった。同じ思いの仲間がたくさんいる。
みんな悩んでいるんだ。明けない夜は無いんだ。

モロー反射で起きてしまう赤ちゃんにはスワドルミーで解決

モロー反射には、スワドルミーというおくるみが効果的でした。

スワドルミーに赤ちゃんの体を包み、首から下を巻いてしまいます。
なるほどピクンとなる手を開放しない…

でもそんなミイラみたいに巻きつけて大丈夫なのか心配しましたが、
他の国では新生児をくるむのが当たり前なところもあるらしく、
今までいた子宮と同じ狭い環境を作ってあげるのが良いとの事。

さっそく息子に巻きつけてみると驚くくらい熟睡し、
物音にもシーツのすれる音にも反応しなくなった!

ありがとうスワドルミー。
私にも息子にも睡眠という幸せを与えてくれた最高のたった1枚の布。

育児書通りあんなにひどかったモロー反射も6ヶ月頃にはなくなり、
スワドルミーも卒業となりました。
しかし、その後は夜泣きという新しい試練をうちの子は与えてくれたのでした。

sponsored link



sponsored link

このサイトについて