raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

赤ちゃんのお尻に赤いブツブツが!おむつかぶれ予防の霧吹き

time 2017/07/10

赤ちゃんのお尻に赤いブツブツが!おむつかぶれ予防の霧吹き

sponsored link

オムツかぶれで赤くただれてしまったお尻

8ヶ月の赤ちゃんがいるのですが、
離乳食を始めて本格的なウンチが出るようになりました。

息子はお腹がゆるいことも多くて、
うんちに気がついたらすぐにオシメを替えるようにはしていたのに
かぶれてしまってお尻が真っ赤っかになりました。

ひどい時には赤いブツブツが出来て、
その部分が擦れて皮が剥け、
オシッコをしても痛いらしく一日中泣きまくり、
可哀想で見ていられませんでした。

お風呂のシャワーで洗い流すのは大変…

もちろん病院にも行きました。

かぶれの薬だけでなく、
皮が剥けている怪我の部分の薬ももらえるかと期待していたのに、
いつものかぶれた時の薬しか処方されず、
ウンチをしたら擦らないように優しく洗い流すように指導されました。

しかし、オシッコをしても泣いてしまう状態だったので、
そんなに頻繁にお風呂のシャワーで洗っていたら
風邪を引かせてしまうと思いました。

おむつかぶれ予防に 水を吹きかけて流す方法にしてみた

そこで、ウォシュレットのイメージで
霧吹きでよごれた部分を洗い流し、
おしりふきで優しく拭き取る方法を思いつきました。

汚い水はオシメがキャッチしてくれるので
上半身は服を脱がせる必要もありません。

それからは、泣きわめく姿を見なくて済むようになって一安心でした。

数日で皮剥けもなおり、
肌に何ヶ月か黒い傷跡が残っていることはありましたが、
それも治って今ではきれいなお尻になっています。

皮が剥けるほど酷くなる前に
赤くなってきたらすぐに霧吹きをするようになり、
それからはオムツかぶれを悪化させることは無くなりました。

おむつかぶれを予防する霧吹きスプレーは100均で

霧吹きは100円均一の化粧品コーナーか園芸コーナーにあります。

冷たい水を吹きかけられて泣いてしまう子もいるので、
温水が出る専用スプレーにしてみるのも良いです。

多めのお湯でウンチを流して、
ティッシュで押さえるように拭き取れば、
赤ちゃんの肌への負担が少なく、
かつ、おしりふきを節約できます。

sponsored link

スポンサードリンク

ネットショッピング時に経由するだけでポイントGET♪

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


sponsored link