raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

心配しすぎ?言葉もオムツも…発達の遅い3歳の子ども【体験談】

time 2017/07/19

心配しすぎ?言葉もオムツも…発達の遅い3歳の子ども【体験談】

sponsored link

3歳児健診で「耳が聞こえていない」?!

二人目の子が男の子でした。

3歳児健診では、聴力検査の結果が良くなかったようでした。

かかりつけの小児科の先生に相談したところ、
「静かに遊んでいるときに、少し離れたところから名前を読んでみて
少しでも反応があったら聞こえています。やってみてください」
とのことで、試してみたら僅かに反応しました。

一応聞こえているから保健所に言うよう勧められました。

それであっさり解決したのです。

あんなに悩んだのに何だったんでしょうか…。

3歳男児 おむつがなかなかとれない…

この子がなかなかおむつが取れなくて苦労しました。
3歳になっても、トイレに連れて行くと泣いてしまい
扉をつかんで離しません。

すごい根性でとうとう負けてしまいました。

恥ずかしかったのですが、4歳の幼稚園に入るときに
先生に相談してオムツをはいたままで入園したのです。

ところが一日目に先生からの電話で
「今日はみんなと一緒におしっこしました。」とのことで、
びっくりしていると「自分からみんなについていったんですよ。」と仰るのです。

「…なんで!」と言いそうになるのをこらえて
感謝を述べ、受話器を置きました。

それからは、息子は自宅でも、自分からトイレに行くようになりました。

「おむつはもういらないね。」と息子に言うと
楽しそうに、おしっこをするふりをしました。

集団の力は計り知れません。

3歳の息子はさらに、なかなか話せなかった

なかなか話せずにいたこの子は、幼稚園に入るときには
「ブーブー。」「バブー。」「うたぎ(うさぎ)」という言葉しかなく、

どうなるのかと本当に心配したのです。
真っ青というほうが適当かもしれません。

焦っても仕方がないのでじっくり話すようにしていましたが
男の子はあまり自分のことは言いません。

仕方がないので放っておいたら、
反抗期には私に負けないくらいの機関銃になっていました。

まさに「時が解決する」

この子は全体的に成長が遅かったので、ことさら心配しました。
しかし、年単位で見ると確実に成長しているのは確かだし、
いま慌てても仕方ない。

もちろん病院の診断を受けなければならない場合もありますが、
「遅くてもいつまで」が判断基準で良いと思います。

割り切って、子どもの成長期を信じて見守る体制にチェンジすれば、
親の心も休まると思いますよ。

sponsored link

スポンサードリンク

まだ間に合う!夏の家族旅行

国内線チケットを一括で比較、最短出発の3時間前まで予約できます



sponsored link