raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

2歳・3歳 保育園に遅れない!おもしろ対策・ダンドリ【体験談】

time 2017/07/28

2歳・3歳 保育園に遅れない!おもしろ対策・ダンドリ【体験談】

sponsored link

3歳男児 我が家の保育園登園までのダンドリ

毎朝子どもが起きずに保育園に遅刻ギリギリ

3歳8ヶ月の息子は、朝の機嫌の悪さが手に負えないレベルです。

「朝だよ〜起きて〜」と体をゆするだけで
布団の上をもんどり打ち、「寝〜て〜る〜の〜〜!!」と絶叫します。

なんとか起こしても、朝食の時には「テレビを見ながら食べる!」と
グズグズして、全く食事が進まず…

必死で説得して保育園に着いても時間ギリギリで、
すでに朝の自由遊びはお片付けの時間。

自由遊びができないことも、私と離れることも嫌で
足にすがりついて泣くので、私も毎日とても悲しい思いをしていました。

改善!保育園登園までのダンドリ

まず、朝の教育番組を、やや大きい音量でかけます。
次に、眠っている状態の息子を着替えさせました。

朝ごはんは○○だよ〜、今日はプールがあるんじゃな〜い?
などと話しかけながら、布団の上をゴロンゴロン転がしながら
靴下まで着替えさせます。

すると目は覚めるので、
かかっているテレビの音や朝食につられ、ムクリと起きます。

けっして急き立てず、自分で起きるように仕向けます。

それからは、着替えという一大プロジェクトはもう終えているので(笑)
朝食や出かける準備のみになるので、だいぶラクになります。

息子の機嫌を見ながら、絶対に怒らないのがコツです。
親が焦っていると、息子の機嫌が悪くなります。

「(テレビの)この歌が終わったらご飯食べよう。」
「このコーナーが終わったら靴を履こう。」

など、区切りを意識した事前の声かけで、すんなり登園です。

多少のもたつきを考慮し、以前より30分ほど早く起こすようにし、
上記のダンドリを実行すると、かなり早めに登園することができ、
朝の自由遊びもできるので、到着してからのグズグズも少なくなりました。

親と離れる寂しさも、朝にたっぷり時間をとって
私が機嫌よく一緒に過ごすことで、解消できているようでした。

テレビはたくさん見せないようにしたいですが、
朝のあの時間を克服するにはテレビを利用するしかないと
割り切るのが大事です!

2歳7カ月男児、朝が弱く起きても不機嫌

起きてきた時に短編アニメをみせる

保育園に行くようになり、毎朝時間との戦いになりました。
寝ているこどもを起こしてご飯を食べさせ身支度させて…。

やることが意外と多い朝。

それなのに朝が弱く、
起きても不機嫌なこどもだったので、朝のスタートダッシュがうまくいかず
「保育園に遅れてしまう…」と焦る毎日でした。

早く寝かしてみたり、朝ごはんを好きな物にして
「できたよ〜」と声かけしたりしてみましたが
声かけぐらいではビクともせず、抱き上げてやっと目が覚める。
その後ぐずぐず…

お気に入りのテレビ番組のおかげで起きるように

ところがたまたまテレビで放送されていた短編アニメに興味をしめし、
その後、嘘かのように機嫌よく姿勢正しく座り、アニメに夢中。

たまたまでしたがこんなにも清々しく起きられて、
短編アニメが終わったあとテレビを消してもだだをこねることなく
朝ごはんを食べはじめるようになり
朝のスタートがスムーズにきれるようになりました。

朝、絵本を読めるまでに余裕ができた

今では、毎日バタバタ時間との戦いで焦りまくりの毎日でしたが、
身支度後に一緒に絵本を読める余裕が…!!

保育園にも駆け込んでいたのですが、仲良くこどもと手をつなぎ
ゆっくり見送れるようになりました。

朝から親子そろって気持ちよく楽しい時間を過ごせています。

普段から子どもの好きな番組などを観察しておいて、
撮りためておくのが良いですよ。

sponsored link

スポンサードリンク

まだ間に合う!夏の家族旅行

国内線チケットを一括で比較、最短出発の3時間前まで予約できます



sponsored link