raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

幼稚園や保育園に行きたくないと泣く子どもを楽しく通わせる方法【体験談】

time 2017/08/11

幼稚園や保育園に行きたくないと泣く子どもを楽しく通わせる方法【体験談】

sponsored link

引っ越しで環境が変わり、幼稚園に行きたがらない

4歳(年中)の息子は、
引っ越しで幼稚園が代わったこともあり、
毎朝「幼稚園に行きたくない!」と、ぐずって大泣きしていました。

幼稚園に着いても必死に抵抗し、
毎日先生に抱っこで連れていかれていました。

環境の変化で、本人が一番大変だということは感じつつも
毎日の暴れっぷりに幼稚園の先生に対して申し訳なく、
私も毎朝、憂鬱でした。

ご褒美のお菓子やおもちゃで釣ったこともありますが、
「泣かずに行く=ご褒美のお菓子、おもちゃ」
と結びつかなかったようで、効果はありませんでした。




手作りの表に花丸&ご褒美シールで褒めまくる

ある時、小学生の上の娘が、テストで花丸をもらったとき、
「花丸いいなー」と羨ましがっていたので、

ダメ元で、画用紙に簡単な表を作り
「泣かずに幼稚園に行く」という目標が達成できたら
好きな色のクレヨンで花丸を描く、という提案をしました。

やる気をアップさせるために、花丸をたくさん増やしたかったので、
その他にも「おはようの挨拶をする」、「お弁当箱をピカピカにする」など
本人が確実に達成できそうな目標も作り、
全部花丸がもらえたらご褒美シールがもらえることにしました。

正直に言って、お菓子やおもちゃじゃなく
ただの花丸で喜ぶはずはないよな~と思っていたのですが、
本人はとても気に入って取り組むようになりました。

表も手書きで簡単なものにしたので、私も無理なくできました。

初日から泣かずに幼稚園に行けた!

私も幼稚園の先生達も驚いたことに、
初日から泣かずに幼稚園に行くことができました!

その後も、泣く日と泣かない日が交互に続きましたが、
徐々に泣く日が減り、
1ヶ月後にはまったく泣かずに登園できるようになりました。

泣いてしまった日は、帰宅後に
「今日泣いちゃったから花丸ないね。ご褒美シールも貼れないんだよね?」と
その日を振り返ることができ、

「よし!明日はがんばるぞ!」と本人なりに反省して
やる気を出してました。

コツコツ何かを続けることが好きなA型タイプなので、
表に花丸とご褒美シールが並ぶことが嬉しいようで、
リビングの目立つ場所に貼って毎日眺めていました。

みんなの目につく所に貼ったことで
家族からもたくさん褒めてもらえたのも
自信に繋がったのではないかと思います。

sponsored link

スポンサードリンク

まだ間に合う!夏の家族旅行

国内線チケットを一括で比較、最短出発の3時間前まで予約できます



sponsored link