raku.mam『ラクマム』育児をラクにする情報サイト

育児を楽に、そのぶん笑顔で

1歳児の就寝時間が遅いので時間を調節して改善しました【体験談】

time 2017/12/22

1歳児の就寝時間が遅いので時間を調節して改善しました【体験談】

1歳10か月の娘の就寝時間が遅くなる…

とりあえず「9時には寝れば良い」と勝手に思っていたのですが、
なかなか寝付かず、夜にドライブに連れて行ったり、寝ないことにイライラしたり…。

思えば、起床時間も日々バラバラで、10時におやつとか食べさせてたな~、と反省しました。
子どもって、寝る直前にお風呂に入ったり、ご飯を食べていると、なかなか寝付きにくいものです。

乳幼児の寝付きの悪さを改善するためにしたこと

①朝は前夜、遅く寝たとしても、
6時半から7時には起こすようにします。7時には朝食。

②(ここがポイント)午前中といえば、10時〜12時くらいかと思われますが、
実際のところ乳幼児は12時まで、お腹がもちません。
かといって10時のおやつを与えるのではなく、11時頃に手洗いなどを始め、
11時半には昼食を済ませておくようにします。
その後、絵本を読んだりして、12時にはお昼寝を開始します。

2時半には起きるようにして、おやつの時間をとります。
できればスナック菓子よりは、果物、
乳製品などで3食の栄養を補う時間として捉えます。

④(ここがポイント)6時には夕食を食べるようにします。

8時から8時半には就寝します。
ここでは、子どもがお昼寝をしている時間、夕食の準備や、おやつの段取りをしておくことをお勧めします。
そうすれば、子どもがぐずったり、外出した後でも慌てず、子どもを待たせず、6時の夕食をスタートできます。

①の午前中はできるだけ、太陽の光を浴びて散歩などをお勧めします。
外出しても、11時には帰宅するようにします。

解決した方法、やってみた感想

11時半昼食、6時夕食となれば、それに伴う家事の段取りも効率的に行わないといけなくなります。
特に食事準備が重要です。

私は、よく作り置きのおかずや、
果物や野菜をカットしてタッパーに詰めておいたり、
野菜に塩をしておいたり、半調理したものを冷蔵庫に常備しておいています。

いきなり上手くはいきませんでしたが
色々段取りを考えるようになり、上達していきました。

結果、なかなか興奮して寝ない時もあったりしますが、
最低でも9時には就寝してくれるようになっています。

sponsored link

スポンサードリンク

まだ間に合う!夏の家族旅行

国内線チケットを一括で比較、最短出発の3時間前まで予約できます



sponsored link